名刺 作成

名刺を急いで作成する方法について

名刺は初対面の方に慣習的に渡すものであり、営業など社外の方と面談する機会の多い職種の方はあっという間になくなってしまいます。
また展示会や商談会などに出席する場合も一度に沢山の名刺を配ることになります。
名刺の作成の方法は企業や団体によって様々ですが、大手企業では指定の業者に一括発注することでコストを抑制したり、障がい者雇用の一環として自社内で作成することもあるようです。
一方で中小企業や団体では、近隣の印刷業者に都度発注するなどしている場合がほとんどです。
名刺の残りについては常時気にしておきたいところですが、忙しい場合などは気付いた時には残りわずかになっており、またそういった時に限って商談会などのイベントに重なるものです。
指定の業者に発注した場合では納期に数日かかる場合もあり、間に合わないことがあります。
そういった場合には、スピード印刷を売りにしている業者に発注するとあっという間に納入してくれます。
最短では午前中に発注すると、同日中に出荷し、翌日着などもあります。
デザインはサンプルを渡したり、Web上で指定するなど様々な方法があります。
短納期に対応する分、若干割高ですので、至急で必要な際に利用することをお勧めします。